Body 2/ボディ 2

■Bigsby B5/ビグスビー B5


ジョン・レノンのビグスビーB5のトレモロアームは、現行品のように鋲ではなく、プラスボルトで取り付ける仕様です。また、弦を取り付ける6本のピンは、六角ネジを使ってバーに固定されています。同じ仕様の60年代初頭のB5をeBayで手に入れて、Kauffman Vibrolaと交換しました。

The tremolo arm of John Lennon's Bigsby B5, unlike the current model, is designed to be attached to the unit with a Phillips bolt instead of a flat-head stud.  Also, the string retainers are fixed on te bar with hex screws.  I was lucky enough to find a B5 from the early 60's at eBay.  See the photos for details.




■B5 Installation/ビグスビー取り付け


ジョン・レノンの325にBigsby B5を取り付けたのは、ジョンの友人で、リバプールのバンドThe Undertakersのリードギタリストだったクリス・ハストンです。よく見ると、B5が微妙に右に傾いて取り付けられています。そのことをビートルズ楽器関連のBBSでクリス本人に指摘したところ、「ヘグッた!」という返答が。現在彼はレコーディング・エンジニアやスタジオ設計の第一人者として活躍しています。

It was John Lennon's friend Chris Huston, the lead guitarist for The Undertakers, who installed the Bigsby B5 on Lennon's 325.  Take a close look at the picture and you will see that the B5 is slightly crooked/slanted towards right.  When I told him about that at a Beatle instrument-related BBS, he replied, "I screwed up!"  He is now known as a leading recording engineer/studio designer.


B5を325のボディに固定しているのはマイナスネジです。ネジの大きさとネジの頭の溝の向きにこだわってみました。

The B5 is installed on the 325 with slot-head screws.  I think I was a little too picky about the size and the angle of each installing screw.




■Jackplate/ジャックプレート


ジョン・レノンの1958年製リッケンバッカー325の製造番号は「V81」です。ギターのデザインの一部として取り入れました。

John Lennon's 1958 Rickenabcker 325's serial number is "V81."  I added that number as part of the design of my guitar.


※修正した部品は、メーカーに敬意を払い、自分のギターに搭載し個人で視覚的に楽しむためだけのものです。The modified parts are strictly for my own personal visual enjoyment in respect for the manufacturer.